君が好きと言葉にした

 
 

心をひゅんっと奪っていった子犬のようなようなひと*1
 
さくまくんを気になりはじめたとき、わたしは彼を、とびきりかわいいかわいいあだ名で呼んでいた。さっくん。響きも文字もかわいい。さっくんさっくん、っていっぱい呼びたくなる。

さっくんのことを知ったのは宮田くんを好きになってすぐのことだった(と思う)。*2 宮田くんの仲良しのアニオタのジュニアの子。そんな印象。キフシャムの話をクリエでしたのにみんなが興味示してなかったなんてさみしいかわいい話を覚えている。宮田くんのキスログにもちょこちょこさっくんとあべさくが登場したこととか、当時ツイッターでフォローしていた方がさっくんに降りたことでさっくんの存在を強く意識するようになった。ドリボやえび座でチラチラと目で追いかけるようになって、確実に気になるあの子、だったさっくん

そんな中、ジャニカジのSnowManを見て、わたしはジャニカジのさっくんがどツボで(集合写真のわんこみたいなさっくんがほんっとにかわいくてかっこいいのと、ソロ写真ももちろんすき)本当にかわいいかっこいい!って思ったことが今思えばさっくんへの好きが加速する大きなきっかけのひとつだったと思う。 
 
トニトニでは当時の担当(とつかくん)がステージにいないときはもうさっくんをしっかりと追いかけていた。担当が出てくると、気にしながらチラチラ。
そしてこのころから、世界がもうわたしをさくま担にさせようと企んでいるんじゃないかって言うくらいに、さくまくんを好きになるきっかけが溢れていた。さっくんかわいいと言葉にすることもぐんと増えて、改めてちゃんずーとか見返したり、滝ちゃんに登録したり。スマシプで中居くんにダンスを教えるさっくんがめちゃくちゃかっこよかったし、完全に転げ落ちていた。トニトニだ〜と思って偶然録画したまいジャニではひょっこりさっくんが登場するし(この映像がわたしは好きで好きでしょうがなくって、喋り方も笑い方も全部全部ツボ。すのーまんのさくまだいすけですっ、の言い方がほんっとに好きで、笑顔がちょうかわいいし目まんまるくして驚いてるのもかわいい、あともうかっこいいとにかく)。
 
そして、桜の季節。滝沢歌舞伎の季節。電話かけちゃおうかな、くらいのノリだった。さっくんのことだけを見に行くのに少しの躊躇いがあったのかもしれない。一般の電話をかけたのはお昼過ぎだったけれど、発券して結構ないいお席だったことに驚きながら、まだ暫く先の春の日を、わたしは心から楽しみにしていた。いつかのさっくんがやばい!と騒がれてるのもすごくすごく楽しみのひとつだったし、はやくこの目でみたいなあと、東京に戻ってくるのを待ちながら毎日博多のレポを眺めて。ときたま流れてきた、さっくんのかわいいかわいい話とか平和なあべさくとか、全部かわいかったなあ〜。*3

ずっと先だと思っていたのに、その日はあっという間にやってきた。
幕が上がると同時にひゅっと飛び込んできた彼をわたしはすごく覚えている。大人数が並ぶステージで、わたしの目に迷いなく飛び込んできたのはさっくんだった。本当にひゅっ、と。ふわっと、高く。

頭がクラクラとした。衝撃が走るってこういうことなんだ、とわたしは本当に頭が一瞬真っ白になって、そこからずうっとずうっと夢中だった。迷いがない世界。目に映る人は最初から最後までただひとり。 はじめてさっくんだけを目で追いかけた滝沢歌舞伎。わんこのように頭をぶんぶんと振る姿も、綺麗な横顔も、花びらと共に舞う芸術的な美しさも、エロいという言葉だけでは表しきれないダンスも投げチューも、全部全部覚えてる。十兵衛さまの美しさも、声も、表情も、呼吸で震える肩の揺れも、このひとのお芝居が心から好きだなあって思ったことも。
 
あまりにも優しい表情をみたときに、わたしの世界はきっともう完全に、柔らかなぴんく色に染まっていた。
 
わたしはwith loveのさくまくんに一目惚れをした。心を掴まれたというより一目惚れの方がしっくりくる、そういう感情。初めてみたwith loveのさくまくんを昨日のことのように覚えていて、ライトに照らされた瞬間の美しさも、ふわっとした腕の上げ方も、綺麗に揃った指先も、麗しいという言葉がぴったりの姿も全部覚えている。あんなにもエロく踊り、ふわふわと笑い、ころころと変わるいろいろな姿にぜえぜえとしていたのに、もう勘弁して!と言ってしまいたいくらいなのに、最後の最後で、完全に撃ち抜かれてしまった。
with loveのさくまくんは優しさに包まれたとびきり柔らかい表情をしていた。こんなにも優しい表情をする人が いるんだ、と思った。 愛おしさがふわふわとしていた。青い光と、ひらひらと舞う桜の花びら。白い肌と、濡れてかきあげられた前髪。手話の、指が本当に美しくて、きっとさくまくんは本当に指先まで意識しているのだな〜と思う。だって、指先が綺麗だなんて、今まで一度も、そんなこと思ったことなかったから。指が美しいのは生まれつきのこと、そして指フェチとかの人ならば注目するけど、指に注目したことなんてなかったのに、指先が輝いて目に入るから。ああ、with loveのさくまくんが本当に本当に本当に好きだ。
with loveは踊り…というわけでも歌っているけれどさくまくんがメインで歌ってるわけでもないからどういう言葉で表したらいいのかなあって思っているのだけど、with loveはきっとわたしの心の中で書き換えられることのない特別な曲。いちばん好き、という言葉では簡単に説明できないくらい。
 
春は嫌い。だけど、君と出会ってから、わたしの春はいつでも幸せで満たされている。
2014年、春。わたしのとても大切な春。春が来るたびにきっと思い出すだろうとおもうし、思い出しては、ひっそりと恋しく思って、大切に大切にまたしまっておくんだろうな、優しく柔らかなぴんく色。
 
やっぱり言葉にすることって難しい。今だからこそこんなに書けるけど、このとき、こんなにももうさくまくんに染まっていても、さくまくんを担当だと言葉にしなかった。 わたしはとつかくんのことも、すごくすごく好きだったから、今までの好きが、とつかくんへの言葉が嘘になるんじゃないかって不安だったし怖かった。えび座の再演。わたしは2人を追いかけたくて、どっちをみたらいいのか分からない、と言いつつ、もうひとりだけを追いかけていたことに気づいていた。気づいていたけど、自分に確信させまいと無理やり2人を追いかけているようにしていた。けど、やっぱり自分に嘘はつけない。素直になろう、自分的最後だったえび座観劇の日の夜。心で決めたのは26日だけれど、ちゃんと言葉にしたのは日付が変わってしまって、5月27日。推しから担当へと、変わった日。わたしの、さくま担になるまでのおはなしでした。
 
ここで、ようやくひと段落。

すごくすごく長くなってしまった。でも2014年の歌舞伎を久しぶりに再生していたら、ふと書きたくなったから、ちまちまと書いてみました。ちょっとずつ手直しを加えるかもしれない。けれど。さくまくんを好きになったきっかけを聞かれた時にいつも困っていたから、一度ちゃんと書いてみたいと思っていたので、書けてよかった。わたしはさくまくんをもっと前から見たかった〜と思うことはあるけど、きっとこのタイミングで、偶然の連続が重なり合って、好きになる運命だったのだと思っています。運命とか奇跡とか、簡単に言葉にできないような言葉も、さくまくんには使ってしまう。  さくまくんだからだろうな。  歌舞伎のこともギュギュッと詰めて、すごくごちゃごちゃしちゃった。さっくんとさくまくんの使い分けは、自分の中での気持ちの変化。もうさっくんとは呼べないから、文字にするのも新鮮です。さっくんというあだ名、ほんとうにすき。

これを書きながらwith loveを再生しています。with loveのさくまくんに会いたいなあ。

 

歌舞伎、いつかは卒業しなければいけないのだろうけど、きっとファンより本人たちも思っているのだと思うけど。 わたしは正直なところ、桜の季節が似合う、穏やかな春に変えてくれる春のさくまくんが好きで好きでたまらないから、複雑な気持ち。ああ、でも来年も喜劇なのかなあ、悲劇に戻してほしいなあと思いつつ。十兵衛さまみたいな役またやってほしいよ……。

 

*1:わたしが当時書いてたはてなにはじめてさくまくんのことを書いた一文

*2:宮田くんを好きになった瞬間は曖昧。そしてtwinkleからとつかくんがはじまっている

*3:梅がない事件はしばらく引きずった

20170925


佐久間大介くん入所12周年おめでとうございます。 
ずっとずっと舞台に立ち続けてくれてありがとう。アイドルでいることを選び続けてくれてありがとう。 きらきらした君が好きです。いつだって好きにさせてくれるさくまくんが好きです。

 いつもより張り切っているように見える姿がどうしたって愛おしくてしょうがない。客席を見つめる目が、嬉しさで溢れているように見えた。いっぱいいっぱいの気持ちが溢れて、笑顔にこぼれ落ちていた。 NONSTOPで楽しそうに、それはそれは楽しそうに踊る姿をみて思わず涙が溢れそうになるほど、わたしは本当にさくまくんが好きだなあって思った。楽しそうというのはもちろんアイコンタクトをしてにこにこしている姿もなんだけど、踊りから、表情から伝わる楽しそうが本当に愛おしくてたまらない。世界で一番煌めくひと。わたしは普段は溢れるままの言葉を呟くけれど、こういう時は普段よりしっかりと言葉選びをしているつもりです。ポロッと出た言葉にも、時間をかけた言葉も、気持ちは変わらないけれど、わたしは自分のこの言葉に嘘はない、と言い切れる。きっともうさくまくん以外にこんなに煌めいて映るひと、いないのだろうなって、本当に思うから。 みんなにお祝いされて、クシャクシャと笑った顔がかわいい。わたしの好きなひと、めちゃくちゃ愛されてるなあ、とわたし的に一番のほっこりエピソードだった!自担が愛おしくて愛おしくてたまらない時間でした。 
すごく素敵な時間を過ごせました。ありがとう。12周年、本当におめでとう。ずうっとこの世界を選んでくれて本当に本当にありがとう。 

さくまくんの世界がいつでも優しくありますように。13年目もいっぱいいっぱい輝くさくまくんでいてね。

少年たち

有楽町を歩くのは、6月の初夏の爽やかな空気の中、夜へと変わっていく途中の夕方の空の下をぽわぽわと歩いた夢のような空間からの帰り道以来。

 

踊ってるさくまくんの姿をみたら、なんだか色々なものが吹き飛んで、楽しそうに、酔いしれた表情で踊るきみをずっとずっとずっと見ていたいと思った。バレエのような振り付けを踊るさくまくんがとにかくかっこよくて、美しい指先もぴんとしたつま先も一番に綺麗で輝いていた。放つオーラが華やかで、でも派手なわけではなくて上品で、だけどやっぱり目立っていて。あっという間にわたしの瞳にはさくまくんしか映らなくなってしまう。パッ、と瞳を奪われる瞬間が好き。どこにいたって飛び込んでくる。まばたきさえも惜しいくらいに。 いつもよりちんまりしてるなあって思っていたらやっぱりわりとそう感じてる人も多くて、痩せたのだということに気付いて。1人暮らし大変なのかなあ~…みやたくんといっぱいご飯に行くのもいいけど、たまには実家に顔出してちゃんとしたご飯も食べてねっていうきもちです。*1

お芝居のときに、視線をフッと下に落とす瞬間のさくまくんが好き。青い光に照らされる横顔が美しい。表情と言えば、軍隊のところのさくまくんがお芝居の場面では一番すきだなあ。いろんな表情をみせてくれるさくまくんが好きだけど、感情が無いような表情をするさくまくんがすごく好き。気持ちが入ってるときなんだと思うけど、あのスンッてした表情が好きで好きでたまらない!小道具を使うの苦手って言ってたさくまくんを思い出して、銃落としちゃわないか不安なんだろうな、スンッてした表情をしながらも手元を見つめる姿がどこか不安な感じが伝わってきて、ああ、このひとなんてかわいいんだろうと思った。こういうのを見るたびに、ああ、さくまくんもちゃんと人間なのだなあって思うし、すっごくすっごく練習したんだろうなあというのが伝わってきて、どうしようもなく好きだなあって思う、本当に。東京ブギウギではちまっと座って、ゆらゆらしながら口ずさんでるのがちょうかわいい。まるっとした髪の毛がふわふわしてて、わんこみたいでほんっっっとうにかわいい。それから、囚人服に着替える前、シャツがはだけて黒タンクと肩が見えるのがめちゃくちゃかっこいい。何度も言ってるけど、わたしは黒タンクと白スーツのさくまくんがほんとうにすきなんだよ~。

 

さくまくんやっぱりだいすきだなあ。幸せにしてくれてありがとうという気持ちでいっぱいです。ひとつだけいうとしたら、も~少しさくまくんのお芝居観れたらいいなあっておもったり。明日も明後日も変わらずきらきらとした表情でステージに立つ世界でありますように。お誕生日は泣く泣く諦めたことがあるけど、入所日はいつもあんまりこだわってなくて、言葉でいつもありがとうと好きを伝える日だったけど、今年は、なんだか行くべきだなあって思っていて、無事におめでとうという雰囲気の中でさくまくんを観に行くことができるのでとても楽しみです。ほんとうはものすごく緊張しています。すっごくすっごく緊張してます。はあ~~~~~どうしよう

ぼんやりおもうこと たたみます

 

*1:まあもともとものすごい偏った食生活を送ってたひとだけど

続きを読む

ひと夏の…

わたしのだいすきなだいすきな歌の、いちばん大好きな歌詞を、なんとなくさくまくんっぽいなあと思っていたパートを、さくまくんが歌っていた。

 

柔らかい歌声も、眉毛をすこしだけ下げてちょっぴり弱気そうな表情も、見上げていた自分の首の角度さえも。あまりの驚きに頭が真っ白になったのに、あの瞬間の記憶を鮮明に覚えています。

わたしは愛はタカラモノがすっごくすっごく好きで、一時期、毎日毎日聞いていたくらい好きで、元々歌詞をじっくり読んだりするタイプではないけれど、愛タカに関してはメロディーもひとつひとつの言葉も、ぜんぶぜんぶ好きだなあと思っていて。

 

君が弱気な時 僕が強くなるからね

 

 ここがさくまくんっぽいなあっていうのは愛タカを聞いたときからずっとずっとおもっていて。ぽい、というのは直感というか、ここの部分を耳で聞いて、文字でみたときに、さくまくんの顔がふわっと浮かび上がって。

キントレ初日のお昼頃、愛タカを聞きながらぼんやりと愛タカを踊るさくまくんがみたいな~と思っていたから、セトリを見たときにすごく嬉しかったのだけど、なんということか、まさかまさか、さくまくんが大好きなパートを歌うなんて思ってもいなかったから、わたしはもう愛タカのことで頭がいっぱいいっぱいになってしまって。

他にもしかしたらもっと歌ってるメンバーもいたかもしれないのだけど、調べてもわからなくて…もしかしたらふっかも歌ってたのかもしれない。

はあ、本当にさくまくんをこのパートにしてくれたメンバーに感謝だなあ~~*1

 

きっと、曲を聞くたびに歌詞をみるたびにあの瞬間を思い出すんだろうなあ。わたしのとびきりの、ひと夏のタカラモノ。

*1:きっと、ここは誰々っぽいからとかそういう考えはしてないとは思うけど

隣にいるのに曖昧

SnowManの単独公演に入ってきました。10日の夜。オーラス。

いっぱいいっぱい書きたいことがあるけれど、同時にいろんな思いを抱えていて、どうしたってなにかひっかかる、でもすっごくたのしかった。すごーくたのしかった。本当に。ああ、コンサートだなあって感じました。すごくたのしかったことは間違いでないのに、わたしは、どうしてか最高の夏をありがとう、と言葉にできずにいます。

 

わたしは、さくまくんが好きです。いろんな表情をみせてくれるさくまくんがとっても好きです。わたしはさくまくんを観た後、いつも幸せに満ち溢れています。本当に。本当に、どんなときでも。もちろん今回もさくまくんを好きだなあって気持ちでいっぱいになったのだけど、それよりも楽しかった、が勝ってしまっている状況に自分がいちばん困惑していて。何を言ってるんだろう、っておもうけど、でもきっと、わたしの中で引っかかっているの、これが原因だとおもうから。

 

さくまくんの優しく、澄んだ歌声が好きです。わたしはクリエになかなか縁が無かったから、さくまくんの歌声をなかなかちゃんと聞くことができなくて、ひたすら愛チキのふかさくパートをリピしていたのだけど、今年のクリエでああ、わたしこのひとの歌声がすごく好きだな、って改めて思う事ができて。キントレで、ああ、やっぱり好きだなあもっと歌ってほしいなあってすごくすごく思いました。わたしはやっぱり、きみの歌声をもっと世界に響かせてほしいなって思う。ぶんぶんと手を振るところもすき。奥のお客さんにも、まんべんなく、見てるよ、見えてるよってぴーすしたり、笑顔を振りまくさくまくんがとても好き。オラオラとしたかっこいい煽りも好き。かと思えばMCで見せるかわいいかわいいところもすき。

 

でも、やっぱり、わたしは君のダンスが好きで好きで仕方がないのだなあって。そして、わたしはたぶん、というかきっと。舞台に立っているさくまくんがなによりも好きなのだと思う。

 

なんて言ったらいいのかわからないのだけど、わたしはさくまくんの世界をただ見ていたいのだなあというか、その世界に溺れていたいのだな、と。佐久間大介、の世界をみていたくて、そこに、自分はいらないのだと。だから、コンサートの、ファンと一緒に、っていうキントレで、楽しかったけれど、すこしのもやもやが残っているんだろうなあって思っていて。言葉にするのが本当にむつかしい。

ああ、でも、あとスタンディングで、思うようにさくまくんをストレスなく見ることが出来なかったっていうのもあるとは思うのだけどね。

だけど、やっぱりわたしは舞台の上でさくまくんがさくまくんに入り込んで創り上げる世界にうっとりと惚れこむのが好きなのだなあ、って思います。

 

もちろん、だいすきな瞬間もたくさんあったので、それはまた、別の記事に書こうとおもいます。


さくまくんのダンスが恋しいです。口ずさみながら楽しそうに踊るさくまくんが恋しい。ああ、好きだなあより、楽しかった、の気持ちが大きかったってだけなのだけど。

わからない、わからないけど、素直に吐き出せる場所がここだなあって思ったから、とりあえず、心をそのまま文字にしてみました。すごく眠たいのと、どう書いたらいいかわからないのですごくぐちゃぐちゃだろうな、また改めて書き直さなきゃな

 

君の、綺麗な立ち方、ぴんとした指先、客席を愛おしそうに見つめる顔。曲によって変わる表情、ひゅんと心を奪っていく踊り、お芝居。

 

わたしは、やっぱり君と過ごす春を、いつでも恋しく思ってしまう

 

20170705

佐久間大介くん、25歳のお誕生日おめでとうございます。

 

舞台の上で輝くさくまくんがすきです。すきだ、と心から何度も思えるあのとびきりの瞬間がたまらなくすき。さくまくんの世界はいつだって美しさとかっこよさと、少しの儚さ、切なさ、とびきりの喜び、そしてなにより楽しいがたくさん詰まっている。

バレエの基礎がいかされたしなやかな動き、ふわっと舞うようなターン、ダイナミックな踊り。口ずさみながら、きみは自分の世界を創り上げる。ずーーっと溺れていたいと思える、もっともっと覗いてみたいと思える世界に、いつだって連れて行ってくれる。照明や衣装もすべて含めてじぶんのものとするところ、溢れ出す色気も、曲によって違う表情も、ぜんぶぜんぶすきです。楽しくてしょうがないという顔で踊るさくまくんは間違いなく世界でいちばんかっこよくてかわいい。人を惹きつけて、離さない。自信に満ち溢れた表情がすき。いつだって最高のパフォーマンスを魅せたいという気持ちで舞台に立つきみは、こうして舞台に立つ運命だったんじゃないかとわたしは本当に思っています。踊るために生まれてきた、エアリーに宙を舞う天使。

体育の前はお腹が痛くなったというきみが、ダンスとアクロバットだけはできた、なんてまるで漫画の世界のような、ほんとうのはなし。

自分にとってこの仕事しかない、真っ直ぐなさくまくんの言葉が響く。さくまくんの言葉選びが好きです。さくまくんの心から溢れる、素直で迷いのない、綺麗な言葉。

お芝居のときの表情がすき。力強いまなざし。舞台上ではどこにいても例え、隠れていても、ずうっと真剣なきみが好きです。役に入り込み、台詞が無い時にも少しずつ変わる表情をみるのがわたしはとても好き。美人だなーっていちばんおもうのは、さくまくんが真剣な表情をしてお芝居しているときだなあ。

横顔がすき。しゅっときれいな顎のラインがとっっってもすき。感情が無いような、すこしだけ闇のちらついたようなさくまくんの顔がすき。もちろん、くしゃくしゃに笑った顔もすき。あんなにおもいっきりかわいく笑うさくまくんをみたらみんななんだってしょうがねえなあってなっちゃう、わたしはなります。

声がすき。澄んだ歌声も、低めの優しくて甘い歌声も、すっごくすっごくすきです。さくまくんの歌声がすき、と言える世界がほんとうにうれしい。もっともっと歌ってほしい。ダンスとおんなじくらい、きみの歌声は人を惹きつけると、わたしはおもう。

そしてなにより普段のふつうの、そのままの声もすき。耳が溶けるんじゃないかとおもった、ほんとに!もうずっと言い続けるきがする!さくまくんの地声はちょーーーーーーーーーかっこいい!!!たまらん!そして、まいジャニでの、すのーまんのさくまだいすけですっ、と、あー、アクロバットやっちゃいますぅ?がわたしのなかで優勝です、もうこれもずっと言う!

挨拶の時、客席を愛おしそうに目を細めて、穏やかな表情を浮かべるさくまくんがすき。あんなにも視線をいっぱいに集めて堂々と踊っているのに、すこしのことでテンパって白い肌を桃色に染めるところがすき。いつだって意識しているからぐにゃんとなることのない、すうっと伸びた綺麗な指がすき。後輩にしっかりと注意するところがすき。かわいい…って声が思わず漏れちゃうような仕草がすき*1さっくん、ときみを呼ぶあだ名がかわいい。わたしは呼べないけれど。*2わさびが食べられないところも、もう飲めるようになってしまったけど、水が飲めないところも。*3もう、いつ隠している羽が出てきてもおかしくない、ふわっと、宙を舞うときに、出てくるんじゃないかとさえおもってしまう。

どうやってお祝いしようかなあって考えていたけど、考えるほどわからなくなったので、思うままに、すきを並べてみました。もっともっとすきなところはいっぱいあるけれど。

 

さくまくんには、絶対の信頼を置いてしまいます。

いつだって期待以上をくれるひと。見るたびに好きだと思わせてくれるひと、きっと、わたしはさくまくん以上にこんな気持ちにさせてくれるひと、もういないと、思っています。ずーっといちばんのひと、無限に輝いてほしいひと、そしていちばんきらきらとしているひと。一等星。もう、ずっとこの星をみていたい、きっと、輝く場所がある限り、永遠にわたしのなかで、煌めく星。

 

おばかでかわいいさくまくん。24歳のさくまくんはちょっとばっかし、おばかな部分が目立ってしまったこともあったかな。笑 でもねえ、世界がとろけそうなくらい優しい表情とか、(^^)がいっぱい散りばめられた元気をくれる文章とか、ファンを大切に思っているのが伝わる言葉とか、そしてなにより、やっぱり舞台のうえで楽しそうなさくまくんをみるたびに、わたしはこのひとのことが好きだなあ、って心から、本当に、本当に思います。そして、その好きが消えることもないのだと。もう、痛いくらいに、どうしようもないくらいに。すき。

きっとたくさんの涙や悲しみ、つらいこと、くるしいこと。いっぱいあるとおもうけど、わたしはずっとさくまくんの味方でいたいと、いつまでも優しい世界でありますように、と、願っていたいとおもうから。だから、ずっと、そのままで、変わらずに突き進んでください。自由に、羽ばたけますように。きらきらと眩しいくらいに、輝く一年でありますように。

 

お誕生日、おめでとうございます。ずっとだいすきな、佐久間大介くんへ。

 

*1:足ぱたぱたさせたり

*2:かわいすぎてはずかしいから。そのくせ、本人には二回も呼んでしまっている

*3:健康が心配だったからうれしいけど、さみしくもある複雑なおたく心。だって、ポカリとリンゴジュースでできた天使だから