隣にいるのに曖昧

SnowManの単独公演に入ってきました。10日の夜。オーラス。

いっぱいいっぱい書きたいことがあるけれど、同時にいろんな思いを抱えていて、どうしたってなにかひっかかる、でもすっごくたのしかった。すごーくたのしかった。本当に。ああ、コンサートだなあって感じました。すごくたのしかったことは間違いでないのに、わたしは、どうしてか最高の夏をありがとう、と言葉にできずにいます。

 

わたしは、さくまくんが好きです。いろんな表情をみせてくれるさくまくんがとっても好きです。わたしはさくまくんを観た後、いつも幸せに満ち溢れています。本当に。本当に、どんなときでも。もちろん今回もさくまくんを好きだなあって気持ちでいっぱいになったのだけど、それよりも楽しかった、が勝ってしまっている状況に自分がいちばん困惑していて。何を言ってるんだろう、っておもうけど、でもきっと、わたしの中で引っかかっているの、これが原因だとおもうから。

 

さくまくんの優しく、澄んだ歌声が好きです。わたしはクリエになかなか縁が無かったから、さくまくんの歌声をなかなかちゃんと聞くことができなくて、ひたすら愛チキのふかさくパートをリピしていたのだけど、今年のクリエでああ、わたしこのひとの歌声がすごく好きだな、って改めて思う事ができて。キントレで、ああ、やっぱり好きだなあもっと歌ってほしいなあってすごくすごく思いました。わたしはやっぱり、きみの歌声をもっと世界に響かせてほしいなって思う。ぶんぶんと手を振るところもすき。奥のお客さんにも、まんべんなく、見てるよ、見えてるよってぴーすしたり、笑顔を振りまくさくまくんがとても好き。オラオラとしたかっこいい煽りも好き。かと思えばMCで見せるかわいいかわいいところもすき。

 

でも、やっぱり、わたしは君のダンスが好きで好きで仕方がないのだなあって。そして、わたしはたぶん、というかきっと。舞台に立っているさくまくんがなによりも好きなのだと思う。

 

なんて言ったらいいのかわからないのだけど、わたしはさくまくんの世界をただ見ていたいのだなあというか、その世界に溺れていたいのだな、と。佐久間大介、の世界をみていたくて、そこに、自分はいらないのだと。だから、コンサートの、ファンと一緒に、っていうキントレで、楽しかったけれど、すこしのもやもやが残っているんだろうなあって思っていて。言葉にするのが本当にむつかしい。

ああ、でも、あとスタンディングで、思うようにさくまくんをストレスなく見ることが出来なかったっていうのもあるとは思うのだけどね。

だけど、やっぱりわたしは舞台の上でさくまくんがさくまくんに入り込んで創り上げる世界にうっとりと惚れこむのが好きなのだなあ、って思います。

 

もちろん、だいすきな瞬間もたくさんあったので、それはまた、別の記事に書こうとおもいます。


さくまくんのダンスが恋しいです。口ずさみながら楽しそうに踊るさくまくんが恋しい。ああ、好きだなあより、楽しかった、の気持ちが大きかったってだけなのだけど。

わからない、わからないけど、素直に吐き出せる場所がここだなあって思ったから、とりあえず、心をそのまま文字にしてみました。すごく眠たいのと、どう書いたらいいかわからないのですごくぐちゃぐちゃだろうな、また改めて書き直さなきゃな

 

君の、綺麗な立ち方、ぴんとした指先、客席を愛おしそうに見つめる顔。曲によって変わる表情、ひゅんと心を奪っていく踊り、お芝居。

 

わたしは、やっぱり君と過ごす春を、いつでも恋しく思ってしまう

 

20170705

佐久間大介くん、25歳のお誕生日おめでとうございます。

 

舞台の上で輝くさくまくんがすきです。すきだ、と心から何度も思えるあのとびきりの瞬間がたまらなくすき。さくまくんの世界はいつだって美しさとかっこよさと、少しの儚さ、切なさ、とびきりの喜び、そしてなにより楽しいがたくさん詰まっている。

バレエの基礎がいかされたしなやかな動き、ふわっと舞うようなターン、ダイナミックな踊り。口ずさみながら、きみは自分の世界を創り上げる。ずーーっと溺れていたいと思える、もっともっと覗いてみたいと思える世界に、いつだって連れて行ってくれる。照明や衣装もすべて含めてじぶんのものとするところ、溢れ出す色気も、曲によって違う表情も、ぜんぶぜんぶすきです。楽しくてしょうがないという顔で踊るさくまくんは間違いなく世界でいちばんかっこよくてかわいい。人を惹きつけて、離さない。自信に満ち溢れた表情がすき。いつだって最高のパフォーマンスを魅せたいという気持ちで舞台に立つきみは、こうして舞台に立つ運命だったんじゃないかとわたしは本当に思っています。踊るために生まれてきた、エアリーに宙を舞う天使。

体育の前はお腹が痛くなったというきみが、ダンスとアクロバットだけはできた、なんてまるで漫画の世界のような、ほんとうのはなし。

自分にとってこの仕事しかない、真っ直ぐなさくまくんの言葉が響く。さくまくんの言葉選びが好きです。さくまくんの心から溢れる、素直で迷いのない、綺麗な言葉。

お芝居のときの表情がすき。力強いまなざし。舞台上ではどこにいても例え、隠れていても、ずうっと真剣なきみが好きです。役に入り込み、台詞が無い時にも少しずつ変わる表情をみるのがわたしはとても好き。美人だなーっていちばんおもうのは、さくまくんが真剣な表情をしてお芝居しているときだなあ。

横顔がすき。しゅっときれいな顎のラインがとっっってもすき。感情が無いような、すこしだけ闇のちらついたようなさくまくんの顔がすき。もちろん、くしゃくしゃに笑った顔もすき。あんなにおもいっきりかわいく笑うさくまくんをみたらみんななんだってしょうがねえなあってなっちゃう、わたしはなります。

声がすき。澄んだ歌声も、低めの優しくて甘い歌声も、すっごくすっごくすきです。さくまくんの歌声がすき、と言える世界がほんとうにうれしい。もっともっと歌ってほしい。ダンスとおんなじくらい、きみの歌声は人を惹きつけると、わたしはおもう。

そしてなにより普段のふつうの、そのままの声もすき。耳が溶けるんじゃないかとおもった、ほんとに!もうずっと言い続けるきがする!さくまくんの地声はちょーーーーーーーーーかっこいい!!!たまらん!そして、まいジャニでの、すのーまんのさくまだいすけですっ、と、あー、アクロバットやっちゃいますぅ?がわたしのなかで優勝です、もうこれもずっと言う!

挨拶の時、客席を愛おしそうに目を細めて、穏やかな表情を浮かべるさくまくんがすき。あんなにも視線をいっぱいに集めて堂々と踊っているのに、すこしのことでテンパって白い肌を桃色に染めるところがすき。いつだって意識しているからぐにゃんとなることのない、すうっと伸びた綺麗な指がすき。後輩にしっかりと注意するところがすき。かわいい…って声が思わず漏れちゃうような仕草がすき*1さっくん、ときみを呼ぶあだ名がかわいい。わたしは呼べないけれど。*2わさびが食べられないところも、もう飲めるようになってしまったけど、水が飲めないところも。*3もう、いつ隠している羽が出てきてもおかしくない、ふわっと、宙を舞うときに、出てくるんじゃないかとさえおもってしまう。

どうやってお祝いしようかなあって考えていたけど、考えるほどわからなくなったので、思うままに、すきを並べてみました。もっともっとすきなところはいっぱいあるけれど。

 

さくまくんには、絶対の信頼を置いてしまいます。

いつだって期待以上をくれるひと。見るたびに好きだと思わせてくれるひと、きっと、わたしはさくまくん以上にこんな気持ちにさせてくれるひと、もういないと、思っています。ずーっといちばんのひと、無限に輝いてほしいひと、そしていちばんきらきらとしているひと。一等星。もう、ずっとこの星をみていたい、きっと、輝く場所がある限り、永遠にわたしのなかで、煌めく星。

 

おばかでかわいいさくまくん。24歳のさくまくんはちょっとばっかし、おばかな部分が目立ってしまったこともあったかな。笑 でもねえ、世界がとろけそうなくらい優しい表情とか、(^^)がいっぱい散りばめられた元気をくれる文章とか、ファンを大切に思っているのが伝わる言葉とか、そしてなにより、やっぱり舞台のうえで楽しそうなさくまくんをみるたびに、わたしはこのひとのことが好きだなあ、って心から、本当に、本当に思います。そして、その好きが消えることもないのだと。もう、痛いくらいに、どうしようもないくらいに。すき。

きっとたくさんの涙や悲しみ、つらいこと、くるしいこと。いっぱいあるとおもうけど、わたしはずっとさくまくんの味方でいたいと、いつまでも優しい世界でありますように、と、願っていたいとおもうから。だから、ずっと、そのままで、変わらずに突き進んでください。自由に、羽ばたけますように。きらきらと眩しいくらいに、輝く一年でありますように。

 

お誕生日、おめでとうございます。ずっとだいすきな、佐久間大介くんへ。

 

*1:足ぱたぱたさせたり

*2:かわいすぎてはずかしいから。そのくせ、本人には二回も呼んでしまっている

*3:健康が心配だったからうれしいけど、さみしくもある複雑なおたく心。だって、ポカリとリンゴジュースでできた天使だから