もう癖になっちゃう

ボリュームいっぱいのギューーーーーーッと日常が詰まったさくまくんのさく日がわたしは大好きで、さくまくんの書く真っ直ぐでさくまくんの声で再生される言葉たちが大好きで。贔屓目なしに、わたしはさくまくんの書く文章が大好きなの、贔屓目というか多分さく担じゃなかったとしてもさくまくんのブログが一番好きだと思うくらいに。

いつもいつもかわいくて、だけどちゃんとフルネームで名前を書いたり、一人ひとりにちゃんとありがとうございます、って書いたり長い文章の中に好きがたくさん詰まってるんだけど、昨日のさく日は本当に本当に愛おしくてかわいくてさくまくんのこと大好きだなあって思う文章で、何度もなんども読み返したくなった。し、実際に時間かけて、何度ももう読み返してる。さくまくんへの愛おしさとすきが溢れて爆発しそうだった。昨日もいっぱいいっぱいあったんだけどやっぱり一番に健くんへの文章がわたしは好きで好きでたまらなくて。長!!!!!めちゃくちゃ重たい!って言う人もいたけど、まずわたしはこうしてさくまくんに文章を書くくらいだからそんなこと全然思わなくて(わたしの愛が重たいのは十分にわかってる…)、いっぱいいっぱい書いてくれて、わたしはほんとうに嬉しい。一ヶ月と少しの間の日常をいっぱいお届けしてくれるんだもんなあ。幸せでしかない!ただ、こうやってわたしが書くみたいに、ファンのブログか!っていうことはあったけども、そんなことどうでもよくて。4年前滝さまからもらった「魅力があるのに、前に出ようとしないよね。もっと前に出てください」という言葉をさくまくんはとっても大事にしているとわたしは思っていて。わたしも、さくまくんへの言葉でとてもとても大好きな言葉なんだけれど。引っ込み思案なところがあったけど前に出よう、とあの言葉をもらってからのさくまくんはグイグイと前に出ようと頑張っていたと勝手にだけど思っていて。けれどどこかあと一歩のところが踏み出せない、そんなとき健くんに出会って、やるからには全力でやれ、という言葉を頂いて、試写会の時とかこないだのウチガヤとかのさくまくんに繋がってるんだなあって思ったらどうしようもなく涙が止まらなくて愛おしくて、わたしは本当にさくまくんのことが大好きだな、と思った。わたしは本当に本当にさくまくんのファンでよかった(激重)だってだってこんなに文章読むだけで幸せになることってある?!さくまくんが一生懸命に愛を言葉にしてくれるから、きっとたくさんたくさん時間をかけて悩んで言葉にしてくれるから、さくまくんはいつでもまっすぐで素直だから、読むだけで自然と笑顔になれる文章なんだろうなあって好きで好きでたまらなくなって、寝ようとした。のだけど。

健ラヂがやばい、というフォロワーさんの呟きに心臓がばくばくし始めて、急いでつけたら健くんがさくまくんにちょうど電話をかけるところだった…自分の呟き見返すともう何言ってるんだかわかんないくらい荒ぶっててとにかく興奮してて、もうほんっとにうるさくしてしまってごめんなさいどころの話じゃないんだけれども、騒がずにはいられなかった。・°°・(>_<)・°°・。。・°°・(>_<)・°°・。

もうとにかくとにかくさくまくんがかわいくてかわいくてかわいくて健くんの声があまくて、ゲロ甘で、聞いてるだけで佐久間かわいいな〜〜〜っていうのが溢れてるのがわかる声で、それはそれは愛おしそうにさくまくんのことを話していて、さくまくんの声も甘々で、もう二人ともでれっでれで耳が溶けるかと思ったしなんかもう夢を見ているようで現実なのか自分の妄想なのかもわからなかった ほんっとにでれでれで甘々で、なにこの健くんのデレ!!!!!!!無理!!!!!!!!!!!ってなった超可愛かったさくまくんがかわいくてかわいくてかわいくてしょうがなかった、こんなにかわいくてかわいくてかわいいわんこが健くん♡って三年間も尻尾振ってきたらそりゃ健くんもさくまくんのことかわいくてかわいくてしょうがないよなって思った ウッウッウッッもう無理 世界ありがとうとかそういうレベルじゃない 無理 とにかく無理すぎて死んじゃう、わたしは健くんとさくまくんの関係性についてウワーーーーーー><ってなりつつ、健くんが表でツンツンしたちょっと面倒くさいところしか見せないから、わたしはハラハラしてて(もちろんそれでも健くんがさくまくんのこと好きなんだろうなあっていうのは実際に見るたびに感じていたけど、自分が見ていないレポとかだと本当かなあ大丈夫かなあみたいに思ってしまっていた)、なにこの信じられないデレ……ふたりのときはいつもこんなんだったの…?もうほんとうに無理、あま〜〜〜〜いベタベタなはちみつにさらに甘ったるいホイップクリームもつけて、最後の最後にキャラメルソースたっっっっぷりかけたパンケーキより甘くてびっくりしちゃう。

うわーーーーーーーーーーーーーんさくまくん本当によかったねえよかったねええええええええええって気持ちでいっぱいで、もうほんとうにかわいくてかわいくてかわいくて、でも健くんがお誕生日に電話でお祝いしてくれてるのに、さくまくん、思ったよりええええええ><って興奮するわけでもなく、あ!ありがとうございますっっ♪♫ってえっ、意外にそんなもんなの!みたいな、そういうところも好き…なんなのなんなの愛されわんこ、小悪魔すぎて泣いちゃうんだけど…でもなんかこれは計算じゃなくて素だと思うから(さくまくんは計算なのか素なのかわかりづらい、こういうところ)、そう思ったら余計に計算高い小悪魔よりもやばい…無理好き…LOVEにSnowManのラップ入るよ!ってなったときさくまめっちゃ軽かったみたいなこと、健くんか滝さま言っていた気がするんだけど、あっやったあ♫みたいな、こういう感じだったんだろうなあって思ったらますます愛おしくなった だって普段の性格からしたらうるさいくらいに騒いで喜びそうなのに、あっやったあ♫って、なにその晩御飯が好きなおかずだったときみたいな喜び方><><><

健くんとの3年間がさくまくんにとってほんっっっっっっとうにかけがえのない宝物のような日々だったんだなあ、ってわたしは嬉しくて嬉しくて仕方ないし、だってさくまくんにアイシテモ(しかもこの腕の中君はいない、届きはしないだよっていたずらっ子みたいに主張する健くん)聴いてほしいねって言いながら、ラヂオの最後の一言ごめん愛してるだよ?何回聴いても無理すぎて心が爆発する 絶対かわいくてしょうがないなんて言いたくない、なんて言った後に天邪鬼だから、って言う健くんも超ずるいよね。かわいくてかわいくて仕方ないんだなあ。・°°・(>_<)・°°・。ってもうわたしはなんかもう興奮が収まらないよ… さくまくんが号泣しちゃったという話だけで、健くんとの3年間がほんとうに愛おしいものだったんだろうなあって思ったけれど、さく日と健ラヂのダブルパンチでもうわたしはへろへろ。天邪鬼でむずかしくてめんどうくさい先輩と、恐れずまっすぐに愛をぶつけるわんこみたいな男の子のお話(3年で完結)を見届けられてよかった。漫画だったら1巻から読み直さなきゃ><って当時はなんだかあまり進んで読めなかったページをじっくりじっくり読み直すなあ。完結とはいえ、物語は終わらずともずうっとそれぞれの心でキャラクターが生き続けるように、健くんとさくまくんのストーリーは終わりじゃないから、ずっとずっと続きますように。わたしはほんとうにさくまくんという人が愛おしくてたまらないよ。

 

20180705

佐久間大介くん26歳のお誕生日おめでとうございます。

ちょうど25歳のお誕生日のことを書こうとここをつくったから、飽きっぽくてすぐ変えたり更新しなくなったりするのに、このブログにしてもう1年続いたんだなあ。

わたしは本当にさくまくんが大好きで、さくまくんがやっぱりいちばんかわいくてかっこよくてとびきり美しく輝くひとだと思っていて。そりゃ好きなのだから大勢の同い年くらいの男の子たちがいっぱい並んでる中でまずいちばんに目がいくのは当たり前なのだけども、わたしは踊っていなくてもただ立っているだけでも、美しく堂々と胸を張って立つさくまくんに釘付けで、決まってああかわいい、と毎回毎回言い飽きないなぁ、と自分で思うくらいにかわいいなあって思っている。

25歳のさくまくんは、気がつけばとってもとっても面白くなっていた。去年、夏のEXの合同では優吾の一発ギャグ考える…みたいな時にさくちゃんがやる、ってなったときわたしはえっどうしよう大丈夫かなあ…ってはらはらして、高地こっちーー!が選ばれてええあさくまくんよかったねえ頑張ったねーーー><って本当に思ったし正直ほっとした。笑 さくまくんはそういう時いつでも頰と指をぴんくに染めていて、MCとかお喋りする時、ほんとうにはらはらしてうわー大丈夫かなあ大丈夫かなあ、ってずっと思っていたのに、舞台挨拶とか、YouTubeとか、いつのまにか、とってもお喋りが上手くなって空回りしなくなってさくちゃんが面白くて、さくちゃんがいないと物足りない、って思うくらいに面白くて。だけどやっぱり歌舞伎でお丸ちゃんにこの子アドリブ弱いの!って言われてたレポが流れてきたときは、ああさくまくんやっぱりまだアドリブは苦手なんだなぁって、ちょっと安心してしまった…笑

わたしはさくまくんがアニオタをごり押しするのが正直とってもさみしくて、紹介される機会が増えることは嬉しいけれどアニオタって紹介されるのがすごく悲しくて、いつもうーーーん。と思ってた。だけど、一昨日のウチガヤをみて、そんな自分がばかみたいというか、そんなこと言ってごめんね、と今度は自分の過去の発言と気持ちにしょぼーんとしてしまった。 みやたくんが新しく切り開いた道をただ辿る、わたしはなんだかそう思ってしまっていたけれど、ヲタ芸と自分の得意なアクロバットを合わせたさくまくんの技。わたしは好きを好きだと言うことが苦手で、だからこそこうしてブログやツイッターSNSで言葉にするのだけどそれでもときどき怖くなったりする。でもさくまくんは怖がらず、自分の好きをいつでも真っ直ぐに伝えて、いつでも一生懸命やったから、きっとウチガヤでああやって披露できたのかなあって思う。し、ああして印象に残る武器がとっても大事なんだなあって思った

YouTubeが始まって、それこそ始まる前はYouTubeなんかやめてやめてやだやだってまたわたしは勝手に怖がってたけど、毎週毎週すのーまんがかわいくて面白くて、さくちゃんがコメントで面白い、ってたくさん褒められて、遅刻した時は辛口のコメントもたくさんたくさんあったけれど、でもそれも、みんなさくまくんが好きで、愛されていて、みんなさくまくんがいないとさみしいし楽しくて面白くて空気をぱあっとしてくれるのを知ってるからだよなぁって。 ほんとYouTubeのさくまくんいつもかわいくてかっこよくて好きしかなくてたまに超うるさくてえっうるさ……ってなるけどかわいい…もうほんとかわいいなぁ、かわいい〜

ガムシャラにだてさくが呼ばれないまま終わってしまった時、わたしはだてさくは現場で落とすんだもんな、そうだよねそうだよねって言い聞かせるようにして、でもやっぱり悔しかったしおとなりジュニアも呼ばれなくて、いっつもだてさくが呼ばれなくて。だけど、今のさくまくんもみやちゃんも自分の強みを自分でみつけてモノにしていて、笑いをくれるさくちゃんと、花言葉の王子様キャラをみつけたみやちゃんと。今のだてさくってめちゃくちゃ無敵だと思うから、現場だけじゃなくてテレビや動画でもがんがんおたくを引きずり込んでほしい!

わたしはさくまくんが、がしがしとエロく、けど上品に踊るのも美しく舞うのも大好きだけど、楽しそうににこにこ踊るさくまくんがいちばん好き。ぱああっとお花が咲くように笑うさくまくんが好き、好きと言えば本当に黒髪のビジュが好きで好きで好きで、ウチガヤで着てたさくちゃんの水色とピンクの衣装が大好きで、金髪でも大好きだったのだけど黒髪のあの衣装がほんっっっっとに好きで好きでたまらなくて、ちょーーーーかわいいしかっこよくない?と少クラのすのどりの回を狂ったようにみてて、あのビジュアルが今までのさくちゃんの中でぶっちぎりで一番好き…黒髪だとさらに顔のかわいさが増してほんと〜に顔がかわいいし色気がすごい〜もうほんとにすき…いつもなら客席なんか映さんでええわその時間さくまくん映してってブチ切れるタイプのくせにさくまくんが客席歩いてる興奮がやばくてはーーちゃんと人間だなあ小さいけど大きいなあ成人男性だなあ><って気持ちで死にそうになる…いま本当にさくまくんへの好きのメーターが全開で好きがもうとまらなくてわたしはあのビジュのさくちゃんのうちわを振りたかったしサマパラやってほしかったよ〜。でもそんなこと言いながらあんなかわいくてかっこいいさくちゃん万が一歩いてきたらたぶんその場で気失って死んじゃうだろうしさらにあれで踊り狂ってるとこみたらますます泡吹くしにこにこ微笑んでるところみたら完全に灰になる…でも灰になりたい…すき…なんで金髪にしちゃったんだろ…また黒にしないかなぁ、あーほんとにゴールデンであの最強のビジュアルだったのほんとにほんとによかった!もーほんとに可愛かったずっと顔がかわいくて美しくて美少女だった…でもかっこよかったあ〜〜〜〜><誰かとほんとに話したいくらいすき…えーほんとすき、いちばんすきなさくちゃんのビジュってわたしはジャニカジのわんわんかなぁって思ってたんだけどそれを上回るかわいさだった… ていうか今年ほんとにほんとにさくちゃんかわいい、いつだってかわいいけど、かわいすぎてずっと呼べなかったさくちゃん、と呼んでしまうくらいにかわいいんだよ〜>< 

さくまくんにはいつでも優しい世界でいてほしいと、これはもうずーーーっと変わらないわたしのさくまくんへの想いです。だから、わたしはなるべくいつでもさくまくんに優しくいたいし甘い言葉で包み込んでいたいと思ってしまう。これからもべたべたに甘くいきたい… 

 

大人の色気をもったさくまくんの1年がとっっっても楽しみだな。またきらきらと輝く姿を沢山みせてね。さくまくんにとって素敵な1年になりますように*・゜゚・*

----

0706.金髪じゃないという情報をもらって無駄に期待してしまう…

滝沢歌舞伎0622

御園座はさくま担で騒がれていた演舞場と全く違うSPARKなんだけれども本当にまったく違っていて、こぉじが踊りのクセを封印というか抑えて、との指示があったってブログで書いてたからきっとこぉじに限らず全体にそういった指示があったのだと思うんだけども。 楽しそうに踊るさくまくんが好きだから演舞場のような楽しそうに踊るSPARKはもうみれないのかなぁって思ったんだけどそれは違くて、演舞場よりも静かでより柔らかくて、でも踊りに楽しい!を出さないように抑えてるぎゅうぎゅうとされた気持ちがオーラに含まれてて、さくまくんを美しくて色気を含んだそれはそれは綺麗なオーラが囲んでいた。 サビの前、バレエのように美しく跳ぶ瞬間、シルエットを象るさくまくんの指先や横顔があまりにも美しいから息が止まるかと思った。演舞場はいつも上手だったから、下手のわりと立ち位置からみたのもあるかもしれないんだけど、SPARKであんなにあの一瞬のシルエットに興奮した覚えがなかったから今までわたしはなにをみていたんだ…となんか悔しい気持ちと、でも最後のSPARKでみれてよかったという気持ちと。

抑えて、という言葉でどこかさくまくんの楽しそうに踊る姿が封印されてしまってるんじゃみたいな風に、思ってしまっていた。と、いうのもさくまくんの大人しくなってしまった踊りが〜というのをみてしまって、やばいやばいって言われてる中で、そういう意見もあったわけで、結局自分の目で確かめて自分で感じるしか正解はないのだなって今回改めて思ったのだけど。でもわたしが感じたのは上に書いた通りで、さくまくんはいつだってさくまくんのまま踊るひとだということを忘れてしまっていた。さくまくんは表情、指先、足のつま先、洋服、纏う空気、ぜんぶをものにして踊るひと。踊る姿に好き以外の感情を抱くことなんてないんだよなぁ。

関ジュは、わたしはこぉじが知っているこぉじじゃなくて、とびきりかっこよくなっていてびっくりした・前もかっこよかったけど、ちゃんと見たことあったの、三、四年前だから 日記の写真のオルバも信じられないくらいかっこよくてほんとにエーー好き!!ってくらいかっこいい!と思ったんだけど実際に見てもすっごいかっこよかった。健くんの強火おたとしてさくまくんとどうなるかな…って思ってたんだけど、なんか仲良しそうで普通に笑ったし嬉しい… さくちゃんがばちばちな感じ出してたからひいひい思ってたけど はあ〜〜〜〜〜〜。さくまくんがこぉじのこと振り返って笑いかけてて、こぉじもニコニコしてて平和でしかなかった

大橋くんがちょ〜〜〜〜かわいかったな。正直御園座行く前に関ジュ担の人から絶対大橋くんとすえぴのダンス好きだよって言われててずっと気になってて、大橋くんは顔も特にタイプで甘いものが好きで、えー何それ何それってなってたんだけどさくまくんと絡み多いしもう最高だった 逆ラバのご馳走は目の前〜でエロい視線をさくちゃんに送る大橋くん、という図をわたしは超楽しみにしてて、でもエロver.じゃなくてしゃかりきver.でそれはそれで超よかった、んだけど><笑 さくまくんのしゃかりきダンスを真似して大橋くんも同じくらいしゃかりきに踊っていて、なんかもう胸がいっぱいすぎてしあわせだったなあ。

椿くんのことももっともっと見たかった。し、サウザンでは正直さくまくんとどっち見たらいいんだろうって迷っちゃったくらいすえぴに視線を奪われたり(もうさくま担になって初めての出来事でびっくりした)、大橋くんも可愛いし好きだなあって思ったし目が足りない!!!って久しぶりにほんとに思ったんだけれど、意識して追いかけることはできるけど、それをしなかったというかできないんだよなあ、やっぱりさくまくんが大好きで一番なんだなあ、って思ってしまった。

ここまで書いておいて、もう千穐楽のレポで泣きそうになっていろいろ書きたいこともいっぱいあるんだけどどうしようこのまま書ける気もしないし、かといって2018のまとめを書きたい欲が、ウワーーー、どっちも中途半端になってしまう、けどとりあえずここで一旦終わりにして2018、としてのことを書きたい… 

名古屋遠征

なごや!とっっっても楽しかった〜〜〜♡感想の前に、実は、こういうのにちょっと憧れてたからせっかくなので写真載せて遠征記までとはいかないけど記録として残しておきます

 

雨続きだったからカラッと晴れてよかったな〜〜とワクワクしながら家をでた。ど〜〜〜しても着ていきたいワンピースに絶対カゴバックを持ちたくて、雨だと一瞬にして死ぬようなバックだからどうしようって思ってたんだけど晴れたので持って行けた〜 

名古屋に2時過ぎに着いて、まずずっと行こうと決めてたコンパルへ!エビフライサンドの写真うま〜〜く撮れなさすぎたのでクリームソーダのみだけど エビフライサンドメッッッチャ美味しかったからまた食べたい、エビフライ3本使われててぎっしりで正直食べにくかった、からテイクアウトで食べたい、個人的に! クリームソーダはとにかく大好きだから迷わず頼むんだけれど昔ながらの、という感じで美味しかった アイスと氷のくっついたところが大好き

f:id:cheriri:20180626223640j:plain

 

この後はちょっとぷらぷらして、せっかくだから名古屋のジャニショ寄ろうかなって思ったんだけれども暑くて疲れて、デパートをちょっとフラフラして、ホテルにチェックインしてお部屋で1時間半くらいかな、まったり過ごしてました

 

f:id:cheriri:20180626225554j:plain


御園座、赤かったな〜笑 なんだか新鮮でした。一階は結構見にくいみたいなことを書くけど、二階三列はとっても見やすかったです。そして演舞場はほぼ上手ばっかりだったから最後にしてようやく下手。下手から見つめるSPARKとLOVEのさくまくんめちゃくちゃ最高だった〜〜 そして林くんのことも近くだったし最後だなあって思ったからめっっっちゃみた 、そういえば林くんのことを生でじっくりと見たこと無かったんだけど林くんちんまりしてて顔がかわいい…♡


f:id:cheriri:20180626223655j:plain

  普段はぜんぜんお酒飲まないタイプなんだけれども、遠征の時はなんとなく記念に、?飲みます  なんかかわいくて買ったけどすももがちょっと強くてニガテだった

f:id:cheriri:20180626225547j:plain

f:id:cheriri:20180626225604j:plain

ここも!ずっと行きたかった喫茶店で、ホテルから近かったので朝行った〜♡本当はプリンローヤルとクリームソーダが良かったんだけれど朝だったのと1人だったからプリンローヤルを一人で食べきれるかどうかの問題で諦めてココアとイチゴタルト

 

そのあと、ささーっと金ちゃんのシャチホコが欲しくて名古屋城に行って、本当は大須にあるかわいいダイナーでどうしても飲みたいシェイクがあったんだけれど、というか一番行こうと思ってたハンバーガー屋さんだったんだけど名古屋城の時点で雨がすっごい降ってきて髪は湿気にやられるしで気持ちがブルーになったのでやめて、それでも古着は…と大須には行って古着屋さんふらふら見て、でもやっぱり雨だから荷物増えるのも嫌で泣く泣く買い物はしなかった

f:id:cheriri:20180626223557j:plain

そしてそのあと、ふか担のお姉さんと久しぶりに会ってお茶してきました♡初めて会ったのは3年前?4年前?のえびの代々木で、会おうと約束してたら席が近くて終わった後出口に向かいながら話したなぁ〜 でもそのあとも実は同じ日に入ってた、とかいろいろでチケット受け渡しで一回会ったきりで実はちゃんとお茶とかご飯行ったこと無かったからたのしかった〜 ここを見てないと思うけど笑、夏もきっと会えると思うからたのしみ*・゜゚・*:.。..。.

今思ったけど甘いものしか食べてないな、あ、でも写真撮ってないけど天むすは食べたし手羽先は買って帰った!矢場とんのお弁当買おうか迷ったんだけれど、矢場とんは行こうと思えば東京にもあるから(そんなこと言ったら名古屋めしほとんどそうなんだけど)名古屋でしか食べられないものを食べたくてそう考えてたら喫茶店ばかりになっちゃいました  楽しかったな〜 

はじまりの音

5年って短いようで、案外長くて、でもやっぱりつい最近のような気もして、大きくなったなあと言うほどの成長ではないけれど、こないだも書いたように大人になったなあと感じる年数。楽しいだけではなかったな、って正直思う。今でも思う。

2016、2017年の話をします。さくま担、としてのわたしにとっていろんなことがあった年だった。2016年の春を迎える前、なんとなく嵐のPV集みてたら懐かしくて楽しくて、出戻ってにのみやくんの茶の間おたくになったりして。歌舞伎に行って、好きだなあってまたどうしようもなくなったけど、クリエは安定に外れるし、キスマイバックってなったけどチケット探すのが面倒くさかったのと行かなくても嵐で満たされていた。苦手な部類のEXはスルーしたけど、少年たちでまたダンスを見てやっぱり好きだなあって思った。だけどもう気持ちが茶の間でにのみやくんをかわいいかわいいしてるのが楽しくて、いざなうの頃のにのみやくんと嵐を知らないからこそなんかいざなうのにのみやくんに担降りみたいなレベルでずうっとあの頃のにのみやくんのこと見てたなあ。そんな2016年、どうでもいいしわたしの応援するスタンスには関係ないのだけれどもちょっと事件が起きて、界隈のざわざわとした雰囲気が嫌で、さくまくんのアカウントなのににのちゃんの話をしてるのも申し訳なくなったり、いろんなものから逃げるようにしてSNSを捨てて、そうしたらますますさくまくんから遠ざかった。そりゃそうだなって思う。デビュー組はある意味SNSを捨ててもテレビがあるけれど、ジュニアはないんだもの。そんな中で嵐のチケットが取れて。めちゃくちゃ行きたかった時に当たらないくせになあ。ひっさしぶりに嵐のコンサート行ったりして。もうこのままゆるーく茶の間で年に数回コンサートに行ったりしてみたいなおたくになるのかなあって思った。春が近づくと歌舞伎のお知らせがきて、チケット取れなかったらそれまでだったし、結局チケットは当たったんだけれど、当日、これでさくまくんを観るのは最後かなあなんて思いながら家を出た。けど、やっぱり無理だった、超好きで好きで好きでたまらなく帰ってきた。帰りの電車ですでに死ぬほどチケットを探してた。なんか、その、いろいろが重なって、正直行くのが億劫だと思ってしまうような、そういう気持ちで行ったから、こみあげてくる感情が溢れすぎて、どうにかなってしまいそうだった。なんかもう、本当に好きだなあってただただ思ったし、もうこの人から離れるなんて無理なんだろうなあって思った。それから2017年の1年でいろんなことがあったなあ。2017年を振り返る体力が残っていないんだけれど笑、わたしにとって、さくまくんは特別な存在なんだなあってすごくすごく実感した1年だったなぁ。

楽しいだけじゃなかった、って言ったけど、半分嘘、半分本当。いつでも楽しかった。だけじゃない、の部分にさくまくんは関係してなくてわたしが勝手に悩んだり思ったりしているだけで、さくまくんを見に行って幸せにならなかったことなんかないんだよなあ。なんだかこの感じだから、言っても許されるかなあ、って思って書いてしまう、けど、本当はクリエだって自分の名前のチケットで入りたかった。最後のクリエで当日券で初めて入れてたくさん思い出があるけど、毎年本当に鬱だった。なんとなく気になったから申し込んで当たって、クリエですの担になりました〜みたいのとか、そんなの運だから仕方ないのに、なんでわたしはさくまくんのこと好きなのに当たらなくてそういう人に当たるんだろとか、わたしも昔から応援してるわけでもないし偉そうに言うつもりでもないし、年数とかにこだわってるわけじゃない、だけど自分よりあとに好きになったひとが当たり前のようにクリエに入っていて、悲しくなったりした。別にいっぱい現場に行くひとが偉いわけでもない。けど、やっぱり自分の知らない世界があることに嫌だったし、なんでだよおって思うこといっぱいあった。今でもある。けど。

この日が来るのをずうっと楽しみにしていて、何書こうかなあ早く書きたいなあって思ってたけど、水曜日にその気持ちはぷつんと切れてしまって。気持ちの整理というか自分の気持ちをうまく扱えてなかったんだけど、とにかくもう好きなんだよなあと考えれば考えるほどそれしか出てこなくて。今回のことだってわたしは悲しくて悔しくてたまらなかったけどそれってさくまくんのこと超好きだからこそそうなるわけで、優しさと厳しさと悲しさと悔しさといろんな気持ちが混じり合って喧嘩していた。かと言って誰目線だよみたいな強い言い方は苦手だしわたしも苦しくなったしそれを見るのもいやでどうにかなっちゃいそうだった。誰も間違ってないと思うし何を言ったっていいのだけど、なんだかうんざりした。挨拶云々の時もうんざりして死にそうだったけど、今回のはね。またちょっと違うからなあ。二年前のあの時とちょっと似てる。けど、今はもうさくまくんしかいないって改めて思ってしまったから、気持ちを分散できなくて昨日おとといと心が疲れてしまった。落ち着いてきて、また考えていたらやっぱりこのひとしかいないなあって思っちゃうし姿を見たときのときめきがぶっちぎりで、なんかもう理由なんかいらないくらいただただ好きなんだよなあ、もうそれ以外いらないんじゃないかって思う、わたしの大好きなさくまくんがそこにいてわたしの気持ちがあって、好きだなあ幸せだなあって思えて、それで。だって超好きなんだもん、かわいくてかっこよくて美しくてたまらなく好きなんだよね。

踊ることが大好きで、かわいくてかっこよくて人を惹きつける男の子は、成人男性がちらつくようになった。いつしか金髪が当たり前になって、クルンクルンな髪の毛はさっぱりと切り揃えられることが多くなった。でも何も変わってないのだ。相変わらず、踊ることが大好きで、かわいくてかっこよくて人を惹きつけている。ステージでキラキラと輝く君を超えるひとなんか、きっとこれからも現れないんだろうな。さくまくんがステージに立ち続ける限り、その姿を見るたびに、首ったけなんだろうな。結局何がどうなったってそれは変わらなくて、わたしはずうっとさくまくんのことが好きなんだろうな。推しから担当へと変わったことをちゃんと言葉にした日、そんなこと初めてのことだからずっとずっと忘れることない。ずっとずっとさくま担になりたくて、半年くらい葛藤してた、モヤモヤが終わった日、愛で溢れた日、はじまりの日。

さくまーーーーーーーーーーこらーーーーーーーーーばかちん さくま!!!!!!!!!!!ばかたれ ばかやろ!!!!!!!!ばか!!!!!!!!!!!!さくまくんに対してこんなんなるのはじめてだからうまいこと自分の気持ちを整理できない でも嫌な空気を察してそしたらこんなことが起こっていてとりあえず泣きそうになったし心が痛くなったしとにかく悲しい こないだの塚ちゃんに怒られたってエピソードもだいぶダメージくらったのに、なんだよおこれ… しかも結構な常習犯ぽいかんじがまた。 わたしは基本的にあーだこーだいいたくないし、甘々でいたい。けど。 さくまがひゃくぱー悪いのはわかってるしどうしようもないけどいろんな言葉が突き刺さるし空気にメンタルがしにそうになる。というか死んでる。今までこういうところ知らなかっただけ…なのだろうか。実家にいたときはちゃんと起きてたんだろうか。そんな遅刻魔なんて知らなかったしなんか勝手にそういうところすごいしっかりしてるイメージだった。一人暮らしのせいなのか。忙しい日々を過ごしていてそんな中で、わたしたちがジャニーズで息抜きするようにアニメで息抜きしているのだとおもうけども、もしお仕事の遅刻にアニメが関係しているのならアニメみるのやめて寝てください  いいところ素敵なところがたくさんあるの知ってるからこそじぶんでじぶんのこと下げてるんじゃおたくはもうどうしたらいいのかわからないよ…。来る仕事も来なくなってしまう。あーもうとりあえずもう二度と遅刻のはなしがなくなりますように すなわち、もう今後一生遅刻しませんように。頑張ろうね 。今までもたくさんの人に迷惑をおかけしたことほんとに反省してください。だらしないひと嫌。アイドルとして最高なのに人として最低になってしまったらどうしようもない。プライベートはどうでもいいけど、いやプライベートでもよくはないけど、お仕事のところは本当に人としてちゃんとしようね。 あーもうさくまくんはわたしをこういう気持ちにさせたことにもめちゃくちゃ反省してくれ かなしい くそーーーーばかやろばかやろ さくまくんのばーーーかだらしないおとこ!!!!!!!!阿部くんに電話するんだなぁ!!!くそーーー黒髪かわいいなあ!!!!もう!!!!!ソフトクリーム食べてるところもうるさいところも見たかったに決まってるじゃん!!!!!!!きみがいなきゃ意味ないんだよ!!!そしてこんな気持ちになったことが本当にないからそれが何よりかなしいくやしいむかつくばーーーーーーーか でも結局味方でいたいし優しくいたいんだわたしは 

滝沢歌舞伎 0506

 さくまくんが両手でバク転をしていた…!4月はずっと片手だったから一安心、と言いつつ本当に怪我だけは気をつけてどうか最後まで無事に終わりますよう 願うことしかできないけれど。

この日は2階前列ドセンという最高に見やすいお席だったわけだけど、久しぶりのドセンであまりの見やすさに一瞬ロックオンをやめてみたら、SPARKでものすごいものを見てしまった。それまでは普通に踊っていた健くんとさくまくんが突然本当にコピーしたような、首、手、腕の角度、細かな肩の動きさえもまるっっっきり同じで、本当に同じひとを2人見ているような瞬間があって、良い意味でゾッとした。多分後半の方の偽物はイラナイ〜だった気がするんだけどあまりの衝撃にどの部分だったか… ほんっっとに一瞬で、ターンの後はまたそれぞれだったわけだけど、あれは本当にびっくりした さくまくんが二人いた、というより健くんが二人いたの方が正しいのかな 本当に震えた

こんなに見やすかったっけ…というくらいすごく快適で演舞場は一階中列が好きだったけれども二階の良さを思い出した  今年の歌舞伎はさくまくんが出てないときにかわいいお顔の子をみていて、名前みたら椿くんだった。椿くんまんまる顔でかわいくてでもダンスがうまい… と、いうかjuliaは椿くんみてた 無所の子たち名前と顔が全然覚えられなくて…でも基くんのダンスもみてみたいと思ってる だけど顔は椿くんがすきだな〜 ディファイン入れてるって入れなくてもうるうるしてるのに… あと椿くんは目で追ってたらすごくなんか、視線を感じた… でもそういうのってわからないけどすごく大事だ、とおもう。 

少プレのLOVEで椿くんが映ってあ〜やっぱりかわいいなぁって思ってるとそのあとさくまくんが映るんだけども、さくまくんの右手と髪の毛がちらっと映った瞬間にどうしようもないくらい心がギューーーーってなるからやっぱりわたしにとってさくまくんって特別なんだなぁと思った…… 身体の一部を見ただけであんな気持ちになるってどういうことだよって感じなんだけどぶわあああっとなにかが溢れるというか、そういう気持ちになる…

 蒼き日々が終わると切なくなる もう歌舞伎終わっちゃうなあみたいな気持ちに。浮世も大好きだけどセグウェイのさくまくんは安心して見られないしもうほんとあそこ踊ってくれ…女性ダンサーとペアダンスしたらいいじゃん… でもセグウェイではけて、そのあとだだだだって走ってきて思い切りガシガシと踊るさくまくんが本当に俺のターンきた!!!くらいの勢いがあってとても好き

そして蒼き日々、わたしいちばん好きかも…というくらい好きで、びゅんびゅんジュニアがバク転して出てくる時にさぁ、毎回来るって思った時に出てきて、当たり前のように視線を奪うのは決まってさくまくんで、その瞬間がたまらなく好きだったから今年怪我?で普通に歩いて出てきてた…のかどうかもわからない、なぜなら見つけられなかったから…。でも6日はバク転して出てきて、あ〜〜〜これだ〜〜ってなった。よかった〜、本当に。また少プレだけど、少プレのあの一瞬しか映ってないさくまくんでメーター振り切るくらい好き!!!!ってなるんだもん でもさくまくんブルーレイ映るかなあ…映らない気がする…

 本当に大事なひとって意外と近くにいたりして、のさくまくんがすきですきですきでたまらない。with loveで終わる滝沢歌舞伎が大好きだったから、というかwith loveの美しいさくまくんが本当に本当に好きだから、LOVEも好きだけどなんだか楽しく終わっちゃう空気がちょっとさみしくて、なんとなくびみょうな気持ちなところがあったんだけれど、3年目になってようやくLOVEで楽しく華やかに終わる滝沢歌舞伎に馴染めてきた 気がする。演舞場で流れてるLOVEもかわいくて、純粋にハッピーでかわいいかわいい曲だなあって、好きになった 

次は御園座だ〜〜〜 どうなるのかな〜 はじまる前にもういっかいだてくんの美容院で真っ黒に染めてほしいな〜…