いつでも 愛を送るよ

朝、寝ぼけた目に飛び込んできたのがSnowMan増員のニュースだった。あ〜増えるんだ…って思った自分がいた。めちゃくちゃ眠くて、とりあえずまだ考えないほうがいいなと思って見なかったことにして(まだそれができた)電車に乗ってからもう一回見た。

悲しいとか泣きたいとかじゃなくて、「よくわかんない」が本音だった。ずっとよくわかんないって呟いてるけども、本当によくわからないのだ。今だって正直あんまよくわかってない。でも、9人の写真を見てまず思ったことがさくまくんどこ?だった。さくまくんを見つけたときからさくまくんを見失ったことなんてないのに、9人の写真でさくまくんのこと見つけられなくて、そんな自分に急に不安がどーんと押し寄せた。結局わたしはさくまくんのヲタクだから、誰だって自担の輝く姿がいちばんでしょう、というのを前提で話をすすめます。名前の順番とか。わかってる。ここ最近で名前の順番が入れ替わったこと。ファンの数も、わかってる。そういうところは言ったってしょうがないのだ。だけど、それはそれ、これはこれで、9人になったSnowManのさくまくん、後列の端っこで、そりゃあ人が並べば誰かが後列の後ろの端っこに並ぶことになる、じゃあ誰だったらいいのとかそう言うことじゃない。ただ純粋にそれがなんだかさみしかった。歌のパートも、さくまくんから減らされるんじゃないかって正直思った。思う。あるのかな。とか。もうさ、こう言うの言ったって仕方のないことだってわかってるんだけど、わかってるんだけどね。さくまくんの飛び抜けた輝いている部分が、輝く未来があるのだろうか、と思ってしまった。何も見てないくせに。見てないくせに、見ないとわからないと言っておきがら言葉にしてしまったけれども。そう思ってないと、そうなってしまったときのショックはきっと耐えられない。さくまくんのこと信じてないわけじゃない。さくまくんのパフォーマンス、言葉、表現されるものにはいつだって信頼しかないの。信頼なんて、絶対なんて永遠なんて、そんなものないと痛いくらいに感じる最近だけど、それでも信じるという感情だけを思わせてくれるさくまくんが好きだから、そこに不安はないんだけれど、それを魅せる場所があるのだろうか、という不安でいっぱいになってしまった。

 わたしは、SnowManが6人であることにそこまでこだわってたわけじゃない。なんなら去年、や、2017年まではむしろ苦手だった、あまり好きじゃなかった。人間として無理な部分があった。さくまくんの扱いにたびたびムカついてた。腹たってた。言いたくてもずっと言えなかった。あるメンバーのことめちゃくちゃ嫌いになりそうにもなった。嫌いだった。人を下げて笑いにするなんてばっかじゃねえのふざけんななんもおもしろくねえよってめちゃくちゃ思った。関係性とかは知らない、詳しいことは知らない。さくまくんに非がないわけでなないだろうとは思う。その辺の詳しいことはわたしはSnowManじゃないのでわからないけど。あと、グループにそこまでの熱を持てなかった。それがすべて。だけど、初めての横アリ単独で見た6人の姿はめちゃくちゃにかっこよくて、わたし、SnowManのことこんなに好きだったんだなあ、と思ったの。

けど、どこかで、デビューという声を聞くたびにその言葉に耳を塞ぎたくなるじぶんもいた。横アリ公演のSnowManはどう考えたってデビュー組だった。ジュニアのコンサートじゃなかった。けど。このまま、今のまま、デビューできるのかというと、否定の気持ちの方が自分は強かった。一年のルーティーンが決まっていたころより、少クラにも雑誌に呼ばれなかったころより、仕事が増えた。露出も増えた。けど。圧倒的な何かが足りない。そんなの、わかってた。これを書きながら見失いそうな自分もいるのだけど、健くんやタッキーのいう何か足りないも、ずっとずっとわかってた。

 

前より、ぐんとかっこよくなった、めちゃくちゃ輝かしくなった。さっきも言ったけどデビュー組だと思ったんだもん、ほんとうに。けど、と思ってる自分がほんとうはいて。だから、増員、ああ、そうなんだ、って寝ぼけた頭ですぐに思い浮かんだんだと思う。(頭まわりはじめてから???となったけど)

 

こぉじも、目黒くんも、ラウールも、三人のヲタクだってすのとすの担と同じだけ衝撃でいろんな気持ちなのだということを忘れてはいけないよなあ、とも思うのです。綺麗事みたいだけど。それこそ、わたしがこうやってこぉじとさくまくんが一緒にいるの嬉しいという気持ちが誰かへのトゲになってるのかもしれないけども。

わたし、こおじくんが実は結構すきで、kinkanのころ、ぼんやりとこぉじくんいいなあ〜って思ったのがきっかけで、こっそりすきだった。変顔する企画でみんながアイドルぽい変顔をするところで飛び抜けてガチの変顔してるの見た瞬間にもうこのひと最高だな、って思ったの。あとめっちゃ顔が好み。だからと言ってめちゃくちゃ何かを見てたとかでなないのだけど。歌舞伎で健くんつながりでさくまくんと仲良くなったのも嬉しかったし、これからもなにかでふたりが共演したり、関係が続けばいいなあって思ってた。

びっくりはした。関西でのこぉじくんのこと、ファンの気持ちをまったくわかってないヲタだから、こっそり拝見してるこぉじ担の方の言葉や、別の関ジュ担のフォロワーさんの意見とか、あとは検索したりして、ほんの一部の方の意見しか読んでないけども。

単純なヲタクだからさくまくんとこぉじくんが一緒にいるの嬉し〜〜〜〜〜〜〜〜とか思っちゃう自分がいる、すきなことすきなこが一緒にいたら嬉しいしかわいい、勝手なヲタだからね。。

書きたいことだけ書こうと思ったら、全くまとまらないのですが。

いろんなひとがいて、いろんな思いがあって、それぞれの気持ちがあって、だけどそれは全部すきだからこうなってるんだけど。だけども、わたしはなるべく、なるべくね。自分のすきが他の人のすきを攻撃しないように、ということだけは気をつけていて、別にそんなのは強制でもないんだけど。ウーーーーン、なんだかね、なんか疲れた、ただ、なんか自分ってめちゃくちゃ薄情なのかな、とか思っちゃう。同じすの担の言葉にべこべこになったりする。

もう自分がわからないし、フォロワーさんとの意見が違かったりしたとき肩身が勝手に狭くなったりしてなんかもうそっちの方向で精神つかれてかわいいにのみやくんに逃げてたら嵐も休止発表した…(めっちゃわらうところ、さすがにえいとすのあらしでやられた)とは言いつつ、強くなったし愛おしいおじさんたちかわいくてかわいくて、とりあえずは。べこべこなわりには、めちゃくちゃ安定もしてて、さくまくんのこともにのみやくんのことも同時に好きってうまく分散できてるの初めてで、めちゃくちゃ心地はいいの。

南座には行かないので、わたしが次さくまくんとすのーまんに関して言葉にするならば、来月だなあ。でも、楽しみ。ラウちゃんに関してはまったくわからないから、横アリでどんな子なのかを見れるのが楽しみ。目黒くんも、こぉじもアイドルしてる姿を見るのは初めてだし。どうなるんだろ、誰にもわからない、自分で見て感じないとなんとも言えない。

 

まとまりもオチも何にもないのだけど結局わたしはクソオタだから、さくまくんにとって優しい世界があるのなら、わたしはそれでいいんだよな、と、思ってしまう。